お問合せはこちら
TEL:0943-22-6123
〒834-0063 福岡県八女市本村936-1

診療案内

  • 小児眼科
  • 遠視
  • 弱視
  • 糖尿病網膜症
  • 網膜剥離
長崎コンタクトレンズ 詳しくはこちら リンク
HOME»  診療案内

小児眼科

遠視

遠視とは、近視と同じく、眼の屈折異常の一つです。人間はものをはっきり見るために目の中の筋肉を使ってピントを合わせる動作をしており、これを「調節」といいます。“遠視は遠くがよく見える”とだけ思われがちですが、実際には近くにも遠くにもピントが合っていない状態になっています。
はっきりとみるためにはより強い調節が必要となります。
特に子供はこの調節力が強いため、一見普通の生活をしているようにみえてしまうので、遠視の発見が遅れてしまうことがよ少なくありあません。
遠視でぼやけた見え方のままだと、眼からの刺激による脳の見る力の発達ができず、弱視になってしまいます。
また人間の目は調節と輻輳(寄り目)が連動しているため、無理な調節を強いられることにより、内斜視を引き起こしてしまう事もあります。
当院では、大切なお子さまの視力をお守りするために、遠視の検査・治療を丁寧に行います。

弱視

人間の視力は、産まれた直後はぼんやりしか見えず、後に物をみることで脳が刺激されて見る力が育ち、8歳頃にほぼ完成すると言われています。
この脳が発達する期間に、ピントを合わせて鮮明に物を見る事が、脳の見る力を育てるために大変重要です。
この大切な期間に何らかの原因で物を見る事がさまたげられると、眼自体には異常が無いにも関わらす、めがねをかけても視力が上がらない状態になります。
これが弱視と呼ばれる状態で、極論すると脳の発達不足の問題です。
8歳頃までの治療可能な時期を逃すと、その後どのような治療を行っても視力を育てることはできません。
将来、運転免許の取得、職業の選択など様々な場面で影響でることもあります。弱視になる主な原因として、斜視や遠視などがあげられます。
特に片眼のみに異常がある場合は、良い方の眼で見てしまうために異常に気付かれにくく、治療開始が遅れてしまい、片眼が弱視になってしまうことがよく見受けられます。
そのため3歳児検診や、就学児検診、またご家庭でのお子様の行動の観察を通して早期に発見することが重要になります。
遠視の場合などは目の向きも普段の行動も全く問題ないように見えるため「遠くがよく見えているようだから大丈夫!」は禁物です。
少しでも、お子様の視力でお悩みがございましたらお気軽にご相談ください。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の合併症として起きてくる目の病気です。予備軍も含めると約2,000万人といわれる糖尿病の患者数の多さもあり、 糖尿病網膜症は緑内障とともに成人してからの失明の大きな原因疾患となっています。
網膜は眼球を形作っている硝子体の3分の2程度を覆っている約0.2ミリの膜状の組織で、光を感じ取って視覚情報に変換する働きを持っています。
目の前面にある水晶体をレンズとするなら、網膜はフィルムに当たります。
網膜には動・静脈血管や光、色を感じる神経細胞が多数存在します。
網膜の血管は細いので、血液中のブドウ糖が過剰な状態(高血糖)が続くと損傷を受け、徐々に血管がつまったり変形したり、出血を起こすようになります。これが糖尿病網膜症です。

症状

◎初期には自覚症状がない
糖尿病発症後、数年から10年くらいで糖尿病網膜症を発症しますが、初期には症状はあまりありません。
自覚症状を感じたときには、網膜症がかなり進行していることがほとんどです。
◎飛蚊症があらわれる
ある程度網膜症が進むと、視野の中に煙の煤のようなものや、蚊のような小さな虫が飛んでいるように見える「飛蚊症」が現れます。
また、網膜で出血が起こると、視野に黒いカーテンがかかったような感じがします。
◎突然の視力低下も起こります
網膜の中心にあり、ものを見るのに最も重要な「黄斑」という部分に病変が及ぶと、急激な視力低下をもたらします。
また網膜症がすすむと網膜剥離を起こすことがあり、この場合も視力が低下します。

網膜剥離

網膜剥離とは

網膜剥離とは眼球の中の網膜が剥がれたり、穴が空いたりする病気です。網膜は一度剥がれるとそのままでは元に戻ることはありません。
この網膜が何らかの理由で剥がれてしまう病気で、網膜剥離は放置すると最悪の場合は失明にもなってしまうという恐ろしい病気です。

原因

網膜剥離の原因はいくつかあります。

  • 何らかの外部からの衝撃によって、物理的に網膜に亀裂が入ることで、網膜が剥がれてしまう
  • 糖尿病などの疾病(糖尿病網膜症)
  • 加齢や強度の近視など

症状

◎視野にフワフワしたゴミや蚊のような影が見える
明るい背景で読書したり、青空や白い壁などを見たときに、視野のなかに何か浮遊物の影が移動するように見えるのを経験します。
これを「飛蚊症」といいます。このような飛蚊症の変化を自覚したときには、それが近視や加齢による単なる生理的な変化なのか、
網膜裂孔などを合併する病的な変化なのか、早期に眼底検査を受けてください。
◎視野の隅に稲妻のような光が走る
これを「光視症」といいます。眼球運動に付随して、視野の周辺に一瞬あるいは数秒間光が走るという自覚です。
硝子体と網膜の癒着が強い場所(病的に薄い網膜)があると、後部硝子体剥離がその部分で生じにくく、その部位がひっぱられて網膜が刺激されると、視野のなかに光が走ります。光視症を自覚する人の一部に、網膜に亀裂(裂孔)が生じていることがあります。
◎視野全体がかすみがかったように見える
後部硝子体剥離などの際に、網膜血管がひっぱられたり、網膜裂孔が生じて出血することがあります。硝子体中に出血が広がると、視野全体が暗くなったり、飛蚊症の影が増えたり、かすみがかったように見える場合があります。
◎ものがゆがんで見える・見える範囲が狭い・メガネをかえても視力が改善しない
網膜剥離が黄斑に近づくと感度のいい網膜が障害され、それに対応する視野が欠損します。上の方の網膜が剥離すると視野の下の方が暗くなり、下の方の網膜が剥離すると視野の上の方が欠損します。黄斑が剥離すると、ものがゆがんで見えたり、視力が低下します。
網膜裂孔の位置や大きさなどで、視野欠損や視力低下の程度や進行は異なります。